KOBE”にさんがろく”PROJECT

文字サイズ

学生レポート 画像

学生レポート REPORT

2016.12.20

兵庫県立大学 おばさんどのレポート

「エルトゥールル号遭難事件」

1890年9月16日、オスマン帝国の軍艦、エルトゥールル号が、和歌山県沖で遭難した。犠牲者は587名。そして、生存者69名は、神戸に移送され、神戸の病院で療養し、神戸港からイスタンブール港へ帰還した。この療養期間に、神戸の人々と交流し、友好関係がはぐくまれた。

神戸にこのような歴史があったことを知り、私たちは、この歴史をもっと多くの人に知ってもらいたいと考えました。また、トルコ料理が世界三大料理の一つであるのにも関わらず、日本ではあまり馴染みのない料理なので、トルコと神戸がコラボした食べ物を通して、トルコと神戸のことを知るきっかけ作りにしたいと考えました。

おばさんど1おばさんど2おばさんど3

~活動プロセス~

*トルコ料理の味を知る

三宮にあるトルコ料理の店、MURAT(ムラート)に実際に食べに行きました。

味は基本的にスパイシーで、日本人には好き嫌いがはっきりと分かれそうな味でした。店主さんに話を伺い、以下のことがわかりました。

・ケバブ

肉料理のこと。ローストしていても、煮込んでいても、ケバブ。

日本料理で例えると“寿司”。マグロやサーモンといったネタがあるように、鶏肉のケバブ、羊肉のケバブなどがある。

・調味料

塩コショウ、スパイス(クミン、ローリエなど)、トマト、ヨーグルト

・ワインは料理には使わない。

おばさんど5おばさんど4おばさんど6

*作ってみる

自分たちで、材料を買ってきて、実際に食べたトルコ料理の味を再現しました。

二種類のケバブを試作して、パンにはさみ、試食して、何が足りないのか、冷めても

おいしいか、みんなで話し合いました。

おばさんど7 おばさんど8

2016.12.20 16:17| Categories:平成28年度学生レポート

PageTop
| プライバシーポリシー | お問い合わせ |  Copyrights © Kobe-nisangaroku.jp. All right reserved.